設置を業者に依頼

先程自分でスカパーのアンテナを設置する方法を紹介しましたが、場合によってはそうも簡単に行かない場合もあります。例えば比較的アンテナの設置が簡単なベランダが衛星の方向を向いていなかったり、周りに高層マンションなど高い建物がある、設置場所がマンション一階であまり空が見えないような場所だと電波を受信するのが困難になります。そういった場合は素直に業者に依頼するほうが得策です。そうすれば自分で設置するより確実に、かつ短時間で設置することができます。

そしてベランダではスカパーを受信できない場合は家の壁面や屋根にアンテナを設置する事になります。しかしこういった場所は自分で設置するには危険が伴う可能性があるのと、自分で設置することで取り付けがしっかりしていないと部品が落下してきたりして思わぬ事故につながる可能性があります。

業者に依頼する際は信頼のおける業者に依頼したいと誰もが思います。業者を見極めるには、まず、工事にかかる金額の見積もりをしっかり書類で出してくれることややたらとキャンペーンを打ち出してこないなど様々な点があります。しっかりと業者を選びたいのであれば数社相談をしてみてその中から条件のいい業者を選ぶことが重要です。

≪関連HP≫スカパーアンテナ工事_棟梁ドットコム

設置は自分でできるか

結果から言うとスカパーのアンテナを自分で設置することは可能です。しかし機械に疎い人や配線関係に詳しくない人にとっては簡単とは言えません。なのでこういった人は料金がかかろうと業者に依頼するのが得策です。

自分でアンテナを設置するのに手軽な方法はマンションのベランダにアンテナを設置する際に使われる金具を使って一軒家のベランダにアンテナを設置する方法です。この方法であれば屋根の上に設置するより安全で簡単です。そしてアンテナからの配線はエアコンの本体と室外機をつなぐ配管が通っているところや換気用のダクトを利用することで室内へ配線を回すことができます。もしどこにも配線を通す場所がなかった場合はアンテナケーブル用の僅かな隙間を使って配線を室内に回すことができるフラットケーブルと言うものを使うことで解決できます。

こうしてあらかた設置が終わったあとにアンテナの角度を調節します。スカパーはアンテナをきちんと衛星の方向に向けないと全く視聴することができません。ですがスカパーは地デジとはちがい、電波の状況を確認するための画面があり、テレビ画面を見ながら確認することができ、調節がしやすくなっています。そのため、強風などでアンテナの角度がずれてしまったときもこの方法で調節することができます。

工事の流れ

アンテナ工事を行う際はまず現地調査から始まります。電話だけで終わる場合もありますができれば実際にみてもらうほうが確実です。そして屋根やベランダに実際にアンテナを設置します。その際、スカパーのアンテナは衛星放送を受信するためのものなのでアンテナを衛星の方へ向けます。この角度は地域によって変わってくるので注意です。また、この作業は高いところで行われるので事前に作業を妨害していまいそうなものを撤去しておくことで作業が安全かつスムーズに進みます。

そしてこのとき、必要な場合は混合器と呼ばれる、複数のアンテナからの入力をまとめて一つの出力にする機器を設置する場合があります。すでにスカパーのアンテナが設置される前にデジタル放送のアンテナがある場合はそのアンテナとまとめる事ができます。

更にその後、電波が弱い場合は増幅器という電波を強くする機器も必要になります。電波が安定して出るようになったらその電波を各部屋に分配器というもので分配し、テレビ端子に接続します。この増幅器や混合器はもともと家に設置されていてもデジタル対応でない場合は取り替えとなります。そして最後にテレビ端子とチューナー、チューナーが内蔵されているテレビは直接テレビを接続し、テレビでスカパーがきちんと見られることを確認して工事は終了となります。

スカパーアンテナ工事

スカパーとは有料で様々なTVチャンネルを見ることができるCS衛星を利用したデジタル放送サービスです。南南西の方角にある2つの衛星を利用しています。スカパーの放送を見るためにはスカパー専用のパラボラアンテナとチューナー、ただしチューナーが内蔵されたテレビであれば不要が必要です。このアンテナは円盤状のアンテナに電波をあて、曲面によって反射させて電波を一箇所に集め、その電波を受信する方法を採っているものです。そしてこのアンテナを屋根やベランダにアンテナ工事を行うことでアンテナを設置し、アンテナから出ている配線を家の中に引き込み、各部屋のテレビに接続することでスカパーを見ることができるようにします。

アンテナ設置はアンテナの角度、電波の強さなど様々な点で注意が必要です。これによって設置場所が変わってきます。ベランダなどであれば比較的簡単に設置できますが、屋根など高いところでないと電波が取れない場合は業者に依頼するほうが良くなります。更に固定がうまくいかないことで不具合が出る場合もあります。

そしてアンテナ工事をする際はアンテナだけでなく、様々な機器も必要になります。それらを一式家に設置しようとすると自分でも設置することはできますが、業者に依頼するという方法を採るのも一つの手です。ここでは工事の流れや自分でアンテナを設置することはできるのか、業者を選ぶ際の注意点などアンテナ設置工事に関することを述べていきたいと思います。